ケイブ、2Q期間(9~11月)はQonQで売上高7%増、赤字幅縮小に 受託案件の開発フェーズが進み収益に貢献 既存タイトルの利益率改善も

ケイブ<3760>は、1月14日、2020年5月期の第2四半期の連結決算を発表、その数字をもとに第2四半期期間(9~11月)の業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比7.3%増、営業損益は3700万円の赤字(前四半期7300万円の赤字)、経常損益は4000万円の赤字(同7300万円の赤字)、最終損益は4600万円の赤字(同7300万円の赤字)と増収、赤字幅縮小となった
※第2四半期から連結決算に移行したため、数字は前四半期の単独決算との単純比較。

かねて進めていた受託案件の開発フェーズが進んだことでその規模が拡大し、収益に貢献した。また、運営タイトルについては、イベント運営の工夫やプロモーション内容の研究により全体の規模を維持しつつ、利益率が改善した。
 

【関連記事】
フォワードワークスとKADOKAWA、協業による新たなスマホゲームプロジェクトを始動! 制作はケイブが担当 2020年に配信の予定

 
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3760
企業データを見る