メディアドゥHD、2020年2月通期の最終利益を7.5億円→11億円に大幅上方修正…電子書籍市場の想定上回る成長で売上拡大

メディアドゥホールディングス<3678>は、1月14日、2020年2月通期の連結業績予想を上方修正し、売上高650億円(前回予想600億円)、営業利益18億円(同15億円)、経常利益17億円(同15億円)、最終利益11億円(同7億5000万円)とした。

従来予想からの修正率は、売上高が8.3%増、営業利益が20.0%増、経常利益が13.3%増、最終利益が46.7%増となる。

 


同社では、電子書籍市場の拡大が想定を上回って推移していることにより、売上高が当初予想を超過して進捗しているため、としている。来期以降の成長に向けて、ブロックチェーン技術を用いた新プラットフォーム開発や新システムの追加開発による人員増加、自社電子書店の広告宣伝の追加などを行うが、増収効果で吸収する。

なお、同時に発表した第3四半期の業績は、売上高は479億6700万円(前年同期比32.6%増)、営業利益は13億6500万円(同42.4%増)、経常利益は12億4300万円(同31.7%増)、最終利益は8億8800万円(前年同期は4億8800万円の赤字)だった。
株式会社メディアドゥ
https://mediado.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディアドゥ
設立
1996年4月
代表者
代表取締役社長CEO 藤田 恭嗣
決算期
2月
上場区分
東証一部
証券コード
3678
企業データを見る