サイバーステップ、2020年5月期通期の連結利益を上方修正 『トレバ』の景品管理システムの見直しなどコスト削減施策が奏功

サイバーステップ<3810>は、1月20日、2020年5月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の130億円を据え置いたものの、営業利益は従来予想の5億円から8億円(増減率60.0%増)、経常利益は同4億円から7億円(同75.0%増)、最終利益は同3億円から6億円(同2倍)にいずれも上方修正された。

売上高については、『オンラインクレーンゲーム・トレバ』(以下『トレバ』)が昨年夏季のTVCMの効果などにより、前回発表予想と比較して堅調に推移したとしている。

一方、各利益項目については、『トレバ』における景品管理システムの見直し、配送および運営に係るコストの削減など、収益改善が想定以上に進んでいることから、計画比で増加の見込みとなったという。
 
サイバーステップ株式会社
https://corp.cyberstep.com/

会社情報

会社名
サイバーステップ株式会社
設立
2000年4月
代表者
代表取締役社長 佐藤 類
決算期
5月
直近業績
売上高121億9300万円、営業損益8億1200万円の赤字、経常損益9億2300万円の赤字、最終損益11億5600万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証二部
証券コード
3810
企業データを見る