セガのパッケージソフト、営業利益は43%減の46億円 採算性の高いリピート販売が低下 新作販売倍増で来期から利益貢献に期待

セガサミーホールディングス<4640>は、子会社セガゲームスの展開するパッケージゲームの第3四半期累計(19年4~12月)の営業利益が前年同期比で43.2%減の46億円と大きく落ち込んだことがわかった。採算性の高い過年度発売タイトルのリピート販売が減少した。発表によると、その販売本数は同17.8%減の1239万本にとどまった。これが主な減益要因となったようだ。リピート販売は、前期に開発費の計上がほぼ完了しているため、新作に比べると採算性が高い。

ただ売上高は同26.3%増の552億円と伸びた。『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』や『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』『新サクラ大戦』などを発売し、新作パッケージソフトの販売本数は倍増の694万本を記録。今期の新作は、来期(2021年3月期)にはリピート販売タイトルとして利益面で貢献してくる可能性が高い。

 


 
(編集部 木村英彦)
株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高3209億4900万円、営業利益320億4200万円、経常利益333億4400万円、最終利益370億2700万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6460
企業データを見る