Aiming、嶺井政人氏率いるグロース・キャピタルと業務提携…新株予約権の引受を通じた資金調達をはじめ、マーケティング、戦略投資で協力

Aiming<3911>は、本日(2月14日)、マイネットの副社長CFOなどを歴任した嶺井政人氏が率いるグロース・キャピタルと業務提携を行うことを明らかにした。グロース・キャピタルは、Aimingに対して事業成長に対する資金調達や、マーケティング、戦略投資などの支援を行う。グロース・キャピタルから提携の提案があったと明かした。3月6日に契約を締結し、同日より提携を開始する。

提携の具体的な内容は以下のとおり。

・行使価額修正条項付第7回新株予約権の引受け、払込み及び行使を通じた資金調達支援
・プロモーションを中心としたマーケティング支援
・中長期の成長を実現するための戦略投資支援 

第7回新株予約権については、発行総数は3万7700個で、発行価額の総額は573万円となる(1個あたり152円)。潜在株式数は377万株(希薄化は10.4%)で、全て行使されるとAimingの手取り概算額は21億8400万円となる見通し。上限の行使価額はなく、下限の行使価額は289円で、株価の状況によって行使価額が変動する。3月9日から2022年3月8日までが権利行使の期間となる。

調達した資金の使途は以下のとおり。

・新作オンラインゲームの企画・開発費用:8億7000万円
『Project:R』と『ドラゴンクエストタクト』、そして新た企画するオンラインゲームに企画・開発費用に充当する。ただし、ディライトワークスとの資本業務提携に基づいて共同開発する新規タイトルには充当しないとのこと。
・サービス提供中のオンラインゲームのプロモーション費用、運営関連費用:13億0300万円
 


株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/
自分たちの面白いをカタチに変える
自分たちの面白いをカタチに変える

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高120億5400万円、営業利益14億9000万円、経常利益14億4300万円、最終利益11億7000万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3911
企業データを見る