セガトイズとサンリオ、共同開発キャラクタープロジェクト「Beatcat」を発表  5人組ダンスボーカルユニット 音楽や映像、イベント、アプリなど展開



セガトイズとサンリオは、 小学生、 中学生をメインターゲットとしたキャラクターを共同開発し、日常生活にあふれる様々なドキドキを歌とダンスで応援する5人組ダンスボーカルユニット「Beatcats(ビートキャッツ)」としてデビューする。本日10月8日18時より彼女たちが歌うデビューデジタルシングル『Beatcats』の楽曲配信、 及び第1弾となるミュージックビデオ公開。 音楽、 映像だけでなく、 商品、 イベントなど、2020年から長期的かつ多面的なプロジェクトとして展開していく。


 
プロジェクト概要

「Beatcats」は5人組の「ダンスボーカルユニット」。 友達のこと、 恋のことなどでドキドキする気持ちに、 歌とダンスを通じて元気と勇気を与える、 ティーン世代がおもわず惚れ込んでしまうような「おしゃれで可愛くてCOOL」なアーティストを目指すキャラクタープロジェクト。

セガトイズとサンリオとの共同開発プロジェクトは、2008年に開発をスタートした「ジュエルペット」、2015年にスタートした「リルリルフェアリル」に続き、 今回の「Beatcats」で第3弾となる。

「ジュエルペット」や「リルリルフェアリル」ではTVアニメ製作を主軸とした展開だったが、 現在ティーン世代の関心や友達同士のコミュニケーションに歌やダンスがあることに注目し、「Beatcats」プロジェクトでは楽曲配信とミュージックビデオ公開を主軸に展開する。 

オリジナルの歌とダンス、 ミュージックビデオを共同で製作、 ティーンに響くYouTubeやSNSを使い、 アーティストとしてプロデュースし、 キャラクターの世界観を構築していく。

ミュージックビデオには女子小学生から絶大な支持率を誇る新潮社のファッション誌『ニコ☆プチ』の専属モデル(愛称プチ㋲)が続々登場。 誌面と連動し制作秘話を掲載していく。

また楽曲展開に合わせてグッズ展開も実施。10月下旬よりセガトイズからぬいぐるみなどの商品をセガトイズオンラインショップで発売。2021年2月にはサンリオよりキャラクターマスコットやステーショナリーを発売予定。

その後はセガトイズよりゲームアプリの開発のほか、サンリオから他企業への商品化ライセンス等を行い、 一般流通での商品発売やキャンペーンなどキャラクターとのタッチポイントを拡大していく。


 
Beatcatsストーリー

◆Beatcatsについて 

友達のこと、 恋のこと、 新学期にクラス替え 毎日のように緊張してドキドキする瞬間がある。 そんな時どこからか現れる5人組のカラフルな猫、 ビートキャッツ。 ビートキャッツはハートから生まれるドキドキの色が大好物! ドキドキの色を吸い取って、 自分たちを輝かせるエネルギーにする。 そして、 ドキドキの色のお礼に歌とダンスであなたの背中を押してくれる。


◆メインキャラクター 
Mia(ミア)

メインボーカル 
ピンク色の猫。
ツンととがった耳がチャームポイント。
キュートなハイトーンボイスの持ち主。


Chelsea(チェルシー)

メインボーカル 
アクアブルーのシマシマ猫。
いつも眠そうにしている。
透明感のある ウィスパーボイスの持ち主。
 
 
Rico(リコ)

メインダンサー 
イエローのつぎはぎ猫。
ハイテンションでついついベロが出ちゃう。
キレキレのダンスでみんなをノリノリにさせる。


Layla(レイラ)

ラッパー 
すみれ色のハチワレ猫。
いつもヘッドフォンをして すた顔をしている。
ラップでステージを 盛り上げる。

 
Emma(エマ)

メインダンサー 
ミント色のふわふわ猫。
おっとりしてて天然。
しなやかなセクシーダンスが得意。
キュートなハイトーンボイスの持ち主。

 


 

公式YouTubeアカウント

公式Instagramアカウント




(C)2020 SANRIO/SEGATOYS
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高527億6300万円、営業利益25億3700万円、経常利益33億1800万円、最終利益34億2300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
8136
企業データを見る