サイバーエージェント、第4四半期のゲーム事業は『プロセカ』と『このファン』ヒットで増収増益 新作は『ニーア』に期待 『ウマ娘』は年内配信へ



サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長は、この日(10月28日)、2020年9月期の決算説明会(オンライン開催)で、第4四半期(20年7~9月)のゲーム事業の売上高が前年同期比3.5%増の390億円、営業利益が同7.0%増の74億円と増収増益だったことを明らかにした。
 


その要因として、既存タイトルの堅調な推移に加えて、『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』と『プロジェクトセカイカラフルステージ!feat. 初音ミク』の好調なスタートをあげた。

特に『プロジェクトセカイカラフルステージ!feat. 初音ミク』については、セガとCraft Eggの共同タイトルだが、「初音ミクのおかげもあって、非常に多くのDAU(日次アクティブユーザー数)がいるタイトルで、数字を作ってくれる」という。

藤田社長は、期待のタイトルとして、アプリボットが開発している『「NieR Re[in]carnation』をあげた。「世界的にみても人気のあるIPタイトルなので期待できる」とコメントした。
 


その他、CygamesではオリジナルIPのアニメ化やパッケージゲーム化などを強化していると紹介した。スマートフォンゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』は2020年内に提供する予定だ。
 
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る