セガ エックスディー、社員教育向けカードゲーム「emotcha(エモッチャ)」をノバルティス ファーマと共同開発


セガ エックスディーは、 医薬品のグローバルリーディングカンパニーであるノバルティスの日本法人であるノバルティス ファーマと、 社員研修や日常の業務中に社員のコミュニケーション能力向上を目的として活用できるカードゲーム「emotcha(エモッチャ)」を共同開発したことを発表した。

「emotcha(エモッチャ)」は、カードゲームを通して参加者それぞれの個性や価値観を理解・共感し、相手の「人間性」に焦点をあてたコミュニケーション力を養うことができるコンテンツ。“勉強する”のでなく、ゲームを楽しみながら、その時々の参加者の組み合わせによって応用力を養う。  

組織の規模に合わせて、研修やチームビルディング、日々の会議時のアイスブレイク、上長とチームメンバー間の対話のきっかけとして活用でき、組織の活性化と個人の発想力向上を促す。また、新たな働き方環境を考慮したオンラインでの開催も可能なツールであることも特徴となっている。  

■「emotcha(エモッチャ)」共同開発経緯
ノバルティス ファーマでは、予測不能で変化の激しい環境において、イノベーションを継続的に生み出すことができるよう企業文化変革と人材開発に取り組んでいる。自由な発想が生まれるような人づくり・組織づくりのためには、論理性だけでなく、「相手の価値観を引き出す、そして相手と共感でつながる」コミュニケーションが求められている。

また、新型コロナウィルス感染症の拡大は、ノバルティス ファーマに在籍する3000人以上の社員の働き方にも大きな変化をもたらした。オンラインであらゆるステークホルダーと対人関係を構築するためには、“共感でつながるコミュニケーション”が一層大事になっており、「共感力を高める」ツールとしてゲーミフィケーション・テクノロジーに着目した。

セガ エックスディーでは、ゲーミフィケーションを「意外性と共感性を生み出す」ものと広くとらえており、長年蓄積した技術を活用して人材育成分野での貢献を検討していた。ノバルティス ファーマでは、自社の社員育成を通してグローバル社会で活躍する日本の人材育成への貢献を進めている。今回、人材育成への貢献につながる新たなゲーミフィケーションを模索する、という共通のコンセプトのもと、新しいゲームの開発を共同で行った。

今後、「emotcha(エモッチャ)」は、ノバルティス ファーマの研修プログラムに採用され、将来的には、海外拠点の活用を可能にする多言語化、本ゲームシステムをベースにしたオンライン版の開発も両社で検討をしていくという。