フリュー、10月の月次売上高は16.1%減の21億7500万円…キャラクターMD好調もゲームとプリントシールが苦戦

フリュー<6238>は、11月12日、2020年10月の月次売上高(速報)を発表し、前年同月比で16.1%減の21億7500万円だった。4月からマイナスが続いている。累計では、同16.8%減の128億4400万円だった。

内訳を見ると、ゲームが前年同月比46.2%減の1億1400万円となり、3ヶ月の前年同月比マイナスとなった。巣ごもり消費などを追い風に4月から好調が続いていたが、一転して不調となっていることが伺える。プリントシールの売上も同45.3%減の5億2500万円となった。4月から不調が続いている。

他方、キャラクターマーチャンダイジング(MD)は、同19.1%増の8億2300万円だった。4月が前年同月比で大きく落としたものの、その後は復調し前年比プラスをキープしている。コンテンツ・メディアは同2.1%減の7億1200万円だった。

 
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
代表取締役社長 三嶋 隆
決算期
3月
直近業績
売上高340億5800万円、営業利益37億900万円、経常利益37億700万円、最終利益25億4400万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6238
企業データを見る