ブシロード、第1四半期のスポーツ部門の売上高はQonQ61%増の12.5億円と急回復、黒字化 新日本プロレス「G1 CLIMAX 30」など貢献

ブシロード<7803>は、12月15日、第1四半期(2020年8~10月)におけるスポーツ部門の売上高が前四半期比で61.6%増の12億4800万円と急回復したことを明らかにした。新型コロナの影響で2020年7月期の第3四半期と第4四半期の売上はそれぞれ10億円を割り込むなど、苦戦を余儀なくされていた。金額は開示されていないが、スポーツ部門の黒字化も達成したという。

収益が急改善した要因として、新日本プロレスで実施した大型大会「G1 CLIMAX 30」など興行が好調だったことがあげられる。「G1 CLIMAX」は、例年夏に開催している大会だが、今年は9月から10月にかけて19回の興行を実施した。新日本プロレスではこれを含め国内41回の興行を行った。女子プロレス「スターダム」でも17回の興行を行い、収益に貢献。プロレス興行は、音楽ライブと同様、観客数に制限があったが、運営コストが相対的に低いことも黒字化の助けとなった。

 


なお、新型コロナ下では動画配信サービスへのニーズが増加傾向にあるそうで、インターネット動画配信サービス「新日本プロレスワールド」の有料会員数は過去最高の約11万人まで増加したとのこと。月額999円(税込)で利用できるサブスクリプションのサービスで、会員は国内だけでなく、海外からも増えたそうだ。
株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7803
企業データを見る