ミクシィ、ファンドを通じてKeyHolderに出資…協力して新たなエンタメサービスの可能性を模索

ミクシィ<2121>は、12月18日、KeyHolder<4712>に資本参加することを明らかにした。エンターテインメント業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を投資活動を通じて推進するファンド「ミクシィエンターテインメントファンド1号投資事業有限責任組合」の第2合案件となる。

KeyHolderは、アイドルグループやロックバンド、タレント等の管理・運営などを行う総合エンターテインメント事業、バラエティ番組からテレビドラマ制作、映画製作等を行う映像制作事業、さらに広告代理店事業などを展開している。

今回の出資により、エンターテインメント分野におけるコンテンツ開発からマネタイズまでのシステムを構築しているKeyHolderグループと、ミクシィの強みであるITやユーザーコミュニケーションにおける知見を生かし、新たなエンターテインメントサービスの可能性模索する、としている。

なお、ファンドは、ライブエンターテインメントの分野でDXを進めるスタートアップ企業などを投資対象としており、今後も出資したファンドを含めて最大100億円規模の投資を予定しているとのこと。
株式会社MIXI
https://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社MIXI
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1468億6800万円、営業利益:191億7700万円、経常利益156億6900万円、最終利益70億8200万円(2024年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る