ジェムドロップ、ADV『ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP』の「本栖湖編」を3月4日に配信! 「リン」と共にキャンプができる、VRにも対応



ジェムドロップは、3月4日、『ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP』で「本栖湖編」の配信を発表した。

もう一つのエピソード「麓キャンプ場編」は4月配信予定。VRゲームタイトルとしては世界初の6プラットフォーム同時リリースを行う。


■ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP とは

『ゆるキャン△』のキャンプ気分をフル3D化。なでしことリンが本栖湖と麓キャンプ場でキャンプを楽しみる。本栖湖編ではアナタが「なでしこ」になり「リン」と共に、麓キャンプ場編ではアナタが「リン」になり「なでしこ」と共に。二人で一緒にまったりキャンプ体験。
 

▲ 本栖湖編 ロゴ


▲ 麓キャンプ場編 ロゴ


■二人だけのまったりとしたキャンプを楽しもう
富士山の近くで一日を過ごす緩やかな時間。本作は両編ともになでしことリンの二人や、いつものメンバーと様々なシチュエーションの発見やハプニングをフルボイスで楽しむアドベンチャーゲーム。アニメ1話分ほどのシチュエーションを体験する事ができ、スマホでは現地でカメラをかざしているような感覚で、VRでは現地に行ったような感覚でプレイすることができる。


▲ なでしことリンで記念撮影


▲ なでしこお手製の美味しいキャンプごはん


▲ 二人でまったりコーヒーを飲みながらの会話


▲ 二人は本栖湖の湖畔で朝まで一緒に過ごす

 
■スマートフォン(Android/iOS)・PlayStation4・Nintendo Switch・Steam・Oculus Quest に対応
多くの方に手軽に当タイトルを体験してもらいたい。その思いから6つのプラットフォーム(スマートフォン、家庭用、PC、VR専用機)に対応している。お好きなプラットフォームでダウンロードして楽しもう。

なお本作はVR機器に対応しているが、VR機器をもっていない場合でも通常通りプレイが可能となる。

・VR機器をもっている場合
Nintendo Switch版は VRゴーグルToy-Con、PS4版は PS VR、Steam版は Oculus Rift、HTC Vive、Valve Index にそれぞれ対応している。スマートフォン版は市販のスマートフォン用VRゴーグルに装着することによりVR体験が可能となる。

・VR機器をもっていない場合
スマートフォン版はそのまま横持ちでも縦持ちでプレイが可能となる。その他の機種ではテレビやディスプレイでも楽しめる。

スマートフォン版および Nintendo Switch版ではジャイロセンサーに対応しているので、画面を傾けたり、周囲を見回すことが可能となる。ジャイロセンサーを使用しない場合や対応していない機種では、スマートフォン版ではタップやスワイプ、その他の機種ではコントローラーにて操作が可能となる。なおPS4版はDUAL SHOCK 4のモーションセンサーに対応していない。

■ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~本栖湖編~ 概要
配信日:2021年3月4日  
スマートフォン版 (iOS / Android):1,960円(税込)
PlayStation4・Nintendo Switch・Steam版:2,420円(税込)
Oculus Quest版 (価格審査中)

※プラットフォームごとによるゲーム内容の違いはない

※VRとしての動作はスマートフォン・Nintendo Switch は 3DoF、PS VR・Steam VR・Oculus Quest は 6DoF となる

■「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP」シリーズ概要
タイトル:ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~本栖湖編~ / ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~麓キャンプ場編~
ジャンル:バーチャルキャンプアドベンチャー
配信日:本栖湖編(2021年3月4日) / 麓キャンプ場編(2021年4月予定)
配信プラットフォーム:iOS / Android / PS4 / Nintendo Switch / Steam / Oculus Quest
対応音声:日本語
対応字幕:日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・フランス語
権利表記:©あfろ・芳文社/野外活動委員会  ©Gemdrops, Inc.

キャスト
各務原 なでしこ(花守 ゆみり) / 志摩 リン(東山 奈央) / 大垣 千明(原 紗友里) / 犬山 あおい(豊崎 愛生)
斉藤 恵那(高橋 李依) / ナレーション(大塚 明夫)

*敬称略

 

公式サイト