【ゲーム株概況(4/14)】サイバーエージェントが買われる…『ウマ娘』独走による業績寄与に期待膨らむ 東宝は国内証券が目標引き上げも続落に

4月14日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比130.62円安の2万9620.99円で取引を終えた。米国で米ジョンソン・エンド・ジョンソン製の新型コロナウイルスワクチンの使用について、血栓症を理由に一時中止が勧告されたことでワクチン普及への懸念が広がる形となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、gumi<3903>が大幅続伸したほか、アクセルマーク<3624>が大きく動意づくなど、NFT関連の物色が続いたほか、サイバーエージェント<4751>やガンホー<3765>など主力株の一角が買われた。

サイバーエージェントは、ストアランキングで子会社Cygamesの『ウマ娘 プリティーダービー』の独走が続いており、今月28日に予定されている中間決算発表において、その業績寄与が大きくなることへの期待が膨らんでいるようだ。

また、エイチーム<3662>が4日続伸し、年初来高値を更新した。

半面、ガーラ<4777>やバンク・オブ・イノベーション<4393>が売られた。

東宝<9602>は、野村証券が投資判断「Buy」を継続し、目標株価を4970円から5650円に引き上げたものの、コロナ禍で今期の回復シナリオが市場の期待に届かないとの見方から続落した。


■関連銘柄
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
東宝株式会社
https://www.toho.co.jp/

会社情報

会社名
東宝株式会社
設立
1932年8月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 島谷 能成
決算期
2月
上場区分
東証一部
証券コード
9602
企業データを見る