【ゲーム株概況(4/27)】1~3月決算発表通過のモバイルファクトリーが大幅続伸 コーテクHDは続落…前期最高業績も今期の保守的な予想を嫌気

4月27日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比134.34円安の2万8991.89円で取引を終えた。国内での新型コロナウイルスの感染拡大への懸念に加え、1~3月決算発表シーズンの本格化を前に様子見する流れが強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モバイルファクトリー<3912>が大幅続伸したほか、ケイブ<3760>やブロッコリー<2706>などが買われた。既に1~3月決算発表を通過したモバイルファクトリーに加え、12~2月決算である2社は決算発表を警戒した資金の逃げ場となっている側面もあるようだ。

また、coly<4715>が5日ぶりに反発し、大手ゲーム株ではセガサミーHD<6460>とコナミHD<9766>がしっかり。

半面、KLab<3656>は、前日26日に全世界での「東方Project」の二次創作モバイルオンラインゲーム配信権の取得を発表し、一時890円まで買われるなど大きく動意づいていた反動から売られ、gumi<3903>やアエリア<3758>なども安い。

コーエーテクモHD<3635>は、2021年3月期は最高業績を更新する好決算発表となったものの、2022年3月期は経常利益と最終利益で減益を見込むなど、利益率が低下する保守的な予想を打ち出したことが嫌気され、3日続落となった。


■関連銘柄
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る