カヤック、東南アジアにおけるeスポーツおよびゲーミングに特化したタレントエージェンシーであるTier One Entertainment社に出資

カヤック<3904>は、東南アジアにおけるゲームおよびeスポーツエンターテインメントのパイオニアであるTier One Entertainment社に、プレシリーズAラウンド(転換社債型新株予約権付社債)での資金調達を通じて出資したことを発表した。具体的な出資額は非開示。

Tier One Entertainment社は、東南アジアにおけるゲーミングコミュニティの発展に携わってきたTryke Gutierrezと、フィリピンの著名インフルエンサーであるAlodia Gosiengfiaoによって2017年に設立された、eスポーツおよびゲーミングに特化したタレントエージェンシー。東南アジア最大級の420名のインフルエンサーを抱え、累積リーチ数はFacebook 9,000万人、Youtube 2,000万人、Instagram 740万人、Tiktok 890万人に達する、東南アジアのeスポーツシーンにおいて影響力を持っており、現在はマレーシア、ミャンマー、フィリピンで事業を展開しています。

これまでにRazer、Facebook Gaming、Ace Saatchi & Saatchi、Unilever、Foodpanda、Grab、Uniqloといった企業と協業しており、今回のラウンドにはWarner Music Group、Octava、Atlas Venturesなどが参加している。

カヤックでは、eスポーツに代表されるゲームコミュニティ領域を今後の成長ドライバーの1つと捉え、本出資を通してTier One Entertainment社との連携・パートナーシップを構築することで、カヤックグループとしてeスポーツ事業の海外展開を加速させたいとしている。

今後は、両社の強みである「コミュニティ」分野で協調しながら、eスポーツ市場の発展に貢献していく方針だ。
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高87億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益7億4000万円、最終利益5億500万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る