エイベックス、2021年3月期に減損損失14億8800万円を特損として計上 決算発表は明日13日の予定

エイベックス<7860>は、5月12日、2021年3月期において、減損損失14億8800万円を特別損失として計上することを発表した。

同社および子会社が保有する事業関連設備などについて新型コロナウイルスの影響や回収不能価額などを総合的に検討した結果、オフィス施設の移転や一部事業において有形固定資産およびソフトウェアに関する減損損失を14億8800万円(有形固定資産3億7300万円、ソフトウェア11億1500万円)計上することとなった。

なお、特別損失を計上するものの、2020年12月24日に公表した2021年3月期の業績予想の修正はないとしている。2021年3月期の決算発表は、5月13日に行う予定だ。