エイベックス、21年3月期は営業損失62億円と赤字転落 新型コロナでライブ開催自粛 自社ビル売却で最終利益128億円を確保

エイベックス<7860>は、5月13日、2021年3月期の連結決算を発表し、売上高815億2700万円(前年同期比39.8%減)、営業損失62億7800万円(前年同期は40億3300万円の利益計上)、経常損失65億3800万円(前年同期は30億1700万円の利益計上)、最終利益128億3100万円(前年同期は11億0200万円の損失計上)と減収・赤字転落となった。

主力の音楽事業で、新型コロナウイルスの影響でライブ・イベント開催を自粛した影響で、売上が大きく落ち込んだ。ただ、自社ビルを売却したことで最終利益は黒字を確保した。


・売上高:815億2700万円(前年同期比39.8%減)
・営業損失:62億7800万円(前年同期は40億3300万円の利益計上)
・経常損失:65億3800万円(前年同期は30億1700万円の利益計上)
・最終利益:128億3100万円(前年同期は11億0200万円の損失計上)


■音楽事業
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、ライヴ・イベントの開催を自粛していること等により、売上高は503億4900万円(前年度比49.1%減)、営業損失は27億7200万円(前年度は営業利益21億3600万円)となった。

■アニメ・映像事業
アニメ・映像パッケージ作品の販売数やイベント関連の売上が減少したこと等により、売上高は120億9500万円(前年度比14.5%減)、営業損失は2億1900万円(前年度は営業利益11億100万円)となった。

■デジタル・プラットフォーム事業
Eコマース及び映像配信の売上が減少したこと等により、売上高は261億800万円(前年度比26.7%減)、営業損失は8億9800万円(前年度は営業利益27億6300万円)となった。

■テクノロジー事業
テクノロジー事業は、売上高は18億7900万円(前年度比2.5%増)、営業損失は16億2400万円(前年度は営業損失10億7300万円)となった。

■その他
その他は、売上高は44億8200万円(前年度比15.6%増)、営業損失は8億100万円(前年度は営業損失9億600万円)となった。