【ゲーム株概況(5/21)】ギークスが2000円台を回復…子会社G2 Studiosが『ヒロアカ』新作開発で 国内証券が目標株価引き上げのCAは反発

5月21日の東京株式市場では、日経平均は続伸し、前日比219.58円高の2万8317.83円で取引を終えた。米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの製造販売が承認されたことでワクチン接種が進むことへの期待が膨らみ、さらに米モデルナが日本国内での生産を検討と伝えられたことも市場心理にプラスに働いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーエージェント<4751>が3日ぶりに反発した。サイバーエージェントは、みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を1975円から2400円に引き上げたことが市場から材料視されたようだ。

また、ギークス<7060>が6日続伸となり、終値ベースで2000円台を回復した。ギークスは、子会社のG2 Studiosが開発実績として『僕のヒーローアカデミア ULTRA IMPACT』(バンダイナムコエンターテインメント)を明らかにしており、そのストアランキングでの好発進が素直に好材料として受け止められているもよう。

ほか、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>やアピリッツ<4174>が高く、任天堂<7974>やスクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株の一角の強さも目立った。

半面、セガサミーHD<6460>やフリュー<6238>などがさえない。


■関連銘柄
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
ギークス株式会社
http://geechs.com/

会社情報

会社名
ギークス株式会社
設立
2007年8月
代表者
代表取締役CEO 曽根原 稔人
決算期
3月
直近業績
売上高34億2700万円、営業利益7億3800万円、経常利益7億1300万円、最終利益4億5700万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7060
企業データを見る