バンダイナムコグループ、『機動戦士ガンダム』シリーズのIP軸戦略を進化させる「ガンダムプロジェクト」を発足…チーフガンダムオフィサーに藤原孝史氏が就任

バンダイナムコグループは、この日(5月28日)、『機動戦士ガンダム』シリーズのIP軸戦略を進化させるため、「ガンダムプロジェクト」を発足したことを明らかにした。同社では、IP(キャラクターなどの知的財産)の世界観や特性を活かし、最適な商品・サービスなどを最適なタイミングで、最適な地域に向けて提供することにより、IP 価値の最大化を図る「IP 軸戦略」を推進している。そして、有力な IP を数多く展開する中でも、2020年度のグループ全体の IP 売上高として950億円を記録するなど高い成長を見せている。


■「ガンダムプロジェクト」とは
バンダイナムコグループは、『機動戦士ガンダム』シリーズの IP 軸戦略を進化させるべく、今年度「ガンダムプロジェクト」を発足した。2020年にバンダイナムコグループに創通が加わり、『機動戦士ガンダム』シリーズのビジネスのバリューチェーンをグループ内に一元化することで、よりスピード感のある効果的なガンダムグローバル戦略の推進が可能になった。

さらに、グループ全体でより効果的なガンダム戦略を立案・実行する体制を構築するために、チーフガンダムオフィサー※を主宰としたグループ横断プロジェクトである「ガンダムプロジェクト」を発足させた。

今後、「ガンダムプロジェクト」を中心として、ガンダムによるグループ事業強化と同時に、グループ外との連携をも強化してグループ内リソースのイノベーションを図り、『機動戦士ガンダム』シリーズの IP 価値を向上させ、世界最大級のIPとして成長させることに取り組んでいく。

※チーフガンダムオフィサー(以下 CGO)とは
バンダイナムコグループのガンダム事業を統括する役割として2003年より設置。現在はバンダイナムコエンターテインメント藤原孝史常務取締役が務める。


■CGO 藤原孝史氏よりガンダムプロジェクト発足にあたってのコメント


まず初めに、ガンダムは 1979 年のTVアニメーション放送から 40 年以上を経て、国内だけにとどまらず、世界中で多くの皆様に支持されるまでに成長することができましたことにつき、ひとえに世界中のガンダムファンの皆様のおかげだと感謝申し上げます。
ガンダムはバンダイナムコグループが展開する作品や商品だけにとどまらず、GUNDAM FACTORY YOKOHAMA の動くガンダムに象徴されるように、我々の力だけではなく、ガンダムを愛する多くの方々の様々な想いや力に支えられているのだと強く実感しております。
この度、ガンダムの IP 価値を向上させ、世界最大級のIPへ成長させるために、ガンダムプロジェクトを発足いたしましたが、やはりファンの皆様と共に成長していくことがガンダムというキャラクターの目指す姿だと思っております。
ガンダムプロジェクトでは、ファンの皆様と一緒に何ができるのかを本気で考えてまいります。
ぜひ皆様と一緒にガンダム・ガンプラ 45 周年、そしてさらにその先の未来へと歩んでいければ幸いです。
 
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイ
設立
1950年7月
代表者
代表取締役社長 竹中 一博
決算期
3月
直近業績
売上高1188億200万円、営業利益76億100万円、経常利益104億600万円、最終利益80億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る