【ゲーム株概況(5/31)】『まほやく』への期待からcolyが大幅反発 希薄化懸念からケイブ売り込まれる ガンダム新PJ発表のバンナムは反応薄

5月31日の東京株式市場では、日経平均は大幅反落。前営業日比289.33円安の2万8860.08円で取引を終えた。再び2万9000円台を割り込んだ。米国市場が球場となる中、前週末に600円高となった反動から朝方から利益確定の売りが先行した。手がかり材料に乏しく、様子見ムードが広がったという。

そうした中でゲーム関連株の動きをみると、coly<4175>が大幅反発。特に目立った材料は観測されていないが、昨日、ネルケプランニングが『魔法使いの約束』の舞台化作品第2弾の公演を行うと発表した。コンテンツの多方面での展開で、収益の多様化と成長が期待されているようだ。

他方、ケイブ<3760>が大幅続落。新株予約権計9000個を発行すると発表しており、希薄化が懸念されたようだ。同社は、28日、権利行使で約15億5000万円を調達する計画で、新作ゲームの開発や「ゴシックは魔法乙女」の改修費用、海外新規事業(非ゲーム事業を予定)の展開などに充てる、としている。

アピリッツ<4174>が続落。スマホ向け最新作『オーバーエクリプス』のリリース以後、材料出尽くしと見た売りがでており、この日も続落となった。

このほか、先週末、『機動戦士ガンダム』シリーズのIP軸戦略を進化させる「ガンダムプロジェクト」を発足するとともに、『GUNDAM SEED PROJECT ignited』を始動すると発表したが、市場では反応薄となっている。



■関連記事

 
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社coly
https://colyinc.com/

会社情報

会社名
株式会社coly
設立
2014年2月
代表者
代表取締役社長 中島 瑞木/共同創業者 代表取締役副社長 中島 杏奈
決算期
1月
直近業績
売上高63億3100万円、営業利益20億7100万円、経常利益20億7100万円、最終利益14億400万円(2021年1月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4175
企業データを見る