セガXD、コーポレートアイデンティティとビジュアルアイデンティティを刷新 コーポレートサイトもリニューアル

セガ エックスディーは、コーポレートアイデンティティ(CI)とビジュアルアイデンティティ(VI)を刷新し、合わせてコーポレートサイトをリニューアルしたことを発表した。

同社は、「AR」や「VR」に代表される「XR」や「5G」そして「OMO」「MaaS」「スマートシティ」の領域など、様々な企業と事業やサービスの開発に取り組んでおり、今までの実績に加え、最先端のテクノロジーとビジネスモデルで、企業や社会の課題を解決し、人々が幸せになることを目指している。

今後も様々な企業の課題を解決し、事業成長をサポートするパートナーとして、そして社会の一員として、国連が策定した2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献していくよう、全社挙げて取り組んでいく。

これらの活動を背景にさらなる飛躍を目指していく上で、2020年8月の社名変更から今日までの間に、全社プロジェクトとしてミッション、ビジョン、バリューを策定し、新生セガ エックスディーとしてさらに強いメッセージングを打ち出していくためにCIとVIを刷新し、 コーポレートサイトをリニューアルすることを決定した。

■新CIについて
同社はセガのゲームづくりで培ってきた“人の心を突き動かす”ノウハウを「衝動」という言葉に置き換え、この言葉を軸に「ステートメント」「ミッション」「ビジョン」「バリュー」を刷新した。






 この新たなCIを経営に積極的に取り込んでいくことで、コーポレートカルチャーを色濃いものにし、より強い組織へと成長していく。

■新VIについて
新CIの策定に合わせてVIも策定した。VIはブランド戦略・SEGA XDらしさを一貫して表現するためのガイドラインとして、カラーや書体、シンボルなどを定義した。  

<VI / シンボル>
SEGA XD独自のミッション・ビジョン・バリューやブランド戦略を実現するために、独自のシンボル「Curious Bit(キュリオスビット)」を開発した。今回のコーポレートサイトリニューアルに際し、TOPのキービジュアルではこの「Curious Bit」を採用している。

Curious Bit (キュリオスビット):
「デジタル」や「設計図」を表すドットの集合体の中に、躍動的に駆けめぐるラインを描くことで、テクノロジーとエンタテインメントを駆使して「衝動」を追求する様を表現している。



■新コーポレートサイトについて 
今回のコーポレートサイトリニューアルでは、新CIと新VIを反映。同社の施策事例を今後は積極的に更新を行い、同社のユニークで効果的なソリューションを発信していく。また、最先端の技術や企画・デザイン・プロモーションなどのノウハウやナレッジ、施策事例や活動報告などもブログ形式で情報発信していく予定だ。



コーポレートサイト URL:https://segaxd.co.jp/