アカツキ、アフリカのモバイルゲーム市場への投資に進出 南アフリカのモバイルゲーム・パブリッシャーCarry1stにライアットゲームズと共同投資


アカツキ<3932>は、今後の急成長が見込まれるアフリカのモバイルゲーム市場において、現地の最有力モバイルゲーム・パブリッシャーである南アフリカのCarry1stに対して、米国のRiot Games(以下「ライアットゲームズ」)と共同で投資を実行したことを発表した。なお、具体的な投資額は非開示。

投資先となるCarry1stは、アフリカで最有力のモバイルゲーム・パブリッシャー。2018年の創業以来、ゲームスタジオとして蓄積したゲーム開発のノウハウに加え、世界各国のゲームスタジオと連携し、アフリカでのローカライズ、流通、広告、課金などの仕組みを提供するゲームパブリッシャーとして地位を確立しつつある。

同社では、エンターテインメント×テクノロジー特化型ファンドとして2017年10月に「AET Fund」を設立、米国を中心にエンターテインメント領域のスタートアップを対象とし、投資活動を開始した。2018年6月にはインド市場での投資を開始し、インドのエンターテインメントおよびメディア領域を中心に合計18社に投資をしている。

今回、同社は、これまでのインド市場での投資ノウハウなどの実績を活かし、さらなる展開として今後の経済的発展が期待できるアフリカでのエンターテインメント市場を狙い、アフリカ市場においても投資活動を行うことを発表した。

人口が13億人、国民の平均年齢は19歳であるアフリカ市場では、モバイルゲーム市場が世界で最も急速に成長している地域であり、2024年にはゲーム人口が北米の約2倍に急成長を遂げると予想されている。今後はインターネット産業の急速な成長とともに、 エンターテインメント、メディア分野での旺盛な需要が見込まれているという。

なお、今回、共同投資したライアットゲームズは、世界最大規模のユーザーがプレイするゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』を提供している。

※写真は、Carry1stのTinotenda Mundangepfupfu(CTO)、 Lucy Hoffman(COO)、 Cordel Robbin-Coker(CEO)
株式会社アカツキ
http://aktsk.jp/

会社情報

会社名
株式会社アカツキ
設立
2010年6月
代表者
代表取締役CEO 香田 哲朗
決算期
3月
直近業績
売上高310億9600万円、営業利益112億9400万円、経常利益111億5200万円、最終利益63億4500万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3932
企業データを見る