コムシード、台湾のIGSが運営するソーシャルゲームプラットフォーム「金好運娯楽城」にオリンピアのパチスロゲーム『南国育ち』を提供開始


コムシード<3739>は、本日(6月17日)より、台湾の鈊象電子(International Games System、略称IGS)が運営するソーシャルゲームプラットフォーム「金好運娯楽城」に、オリンピアのパチスロ『南国育ち』を提供し、本日よりサービスを開始したことを発表した。

「金好運娯楽城」は、台湾有数のゲームメーカーIGSによる、ルーレット、麻雀、競馬などを模したゲームコンテンツをプレイすることができるソーシャルゲームプラットフォーム。今回、同プラットフォームで提供される初代『南国育ち』はシンプルなゲーム性が魅力の人気パチスロ機であり、日本のパチスロをこれからプレイする台湾のユーザーにも受け入れられやすいと判断し、平和の許諾を得て、今回提供が実現した。

コムシードでは、今後もカジノコンテンツを中心とした事業展開を各方面から推し進めていくとしている。
コムシード株式会社
https://www.commseed.net/

会社情報

会社名
コムシード株式会社
設立
1991年12月
代表者
代表取締役社長CEO 塚原 謙次/代表取締役副社長COO 李 正攝
決算期
3月
直近業績
売上高14億3000万円、営業損益1億5900万円の赤字、経常損益1億6900万円の赤字、最終損失4億1400万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
名証セントレックス
証券コード
3789
企業データを見る