タツノコプロ、2021年3月期の決算は最終損失3595万円と赤字転落…『キラッとプリ☆チャン』や『ハクション大魔王2020』など

タツノコプロの2021年3月期(第59期)の決算は、最終損失が前の期比で3595万円と赤字転落した。前の期(2020年3月期)の実績は924万円の利益計上だった。本日(6月21日)付けの「官報」に掲載された「決算公告」でわかった。

同社は、日本テレビ子会社で、テレビアニメやアニメ映画などの企画制作版権管理などを行っている。この期における実績として、『キラッとプリ☆チャン』や『ハクション大魔王2020』などがある。