サイバーエージェント、「効果予測AI」で配信前にランディングページの広告効果予測を行う「極予測LP」を提供開始


サイバーエージェント<4751>は、AI事業本部において、検索連動型広告におけるCVR改善を目的に、「効果予測AI」で配信前にランディングページの広告効果予測を行う「極予測LP(キワミヨソクエルピー)」の提供を開始する。

「極予測LP」では、流入元となる検索連動型広告で配信されている各アドグループにあわせてランディングページの個別最適化を行う。各アドグループにおいて、現在配信中で最も効果が出ている既存ランディングページに対し、「極予測LP」で大量に制作したランディングページのCVR効果予測値を競わせ、既存よりも予測値が上回った新クリエイティブのみを配信する。

さらに、ランディングページ制作後は同社のサーバーにてページの公開までを行うことで、これまで広告主様側で対応が必要であったコーディングやサーバーアップなどの作業が不要となり、制作から配信開始までの時間を大幅短縮することが可能だ。従来のおよそ半分の時間でランディングページの制作ができるようになることで、よりスピーディーな運用改善および広告効果の向上が期待できる。



先行テストでは「極予測LP」にて制作したランディングページにおいて、既存ランディングページと比較し、最大134%CVRが改善したという結果が出た。

このように、同社では検索連動型広告において「極予測TD」でクオリティスコアを向上、「極予測LP」でCVR改善を行うことで、さらなる広告効果改善を図る。なお、本サービスでは、「極予測LP」にて制作したランディングページのCVRが、既存のランディングページの効果を上回った場合にのみ報酬を受け取る、成功報酬型で提供する。

「極予測LP」の効果予測ロジックは、同社のAI研究開発組織「AI Lab」とともに開発している。今後も同社では高い技術力をいかし、新しいクリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力していく方針だ。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る