【ゲーム株概況(6/23)】サイバーエージェントが高値更新 国内証券が目標株価引き上げのフリューは急騰 UUUMは売上高を下方修正もアク抜けに

6月23日の東京株式市場では、日経平均は小反落し、前日比9.24円安の2万8874.89円で取引を終えた。朝方は前日の米国市場高を受けて買いが先行したものの、前日に今年最大の上昇となる873円高を記録していたこともあり、一巡後は前日終値近辺でのもみ合い推移となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーエージェント<4751>が続伸し、年初来高値を更新した。また、オルトプラス<3672>やBOI<4393>、DeNA<2432>なども買われた。

前日6月22日に2021年5月期の連結業績予想の修正を発表したUUUM<3990>は続伸した。売上高予想を下方修正したものの、各利益項目は予想を据え置いたことで、むしろアク抜けととらえた向きがあるようだ。

また、東海東京調査センターが投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を2000円から2550円に引き上げたフリュー<6238>が急騰した。

半面、gumi<3903>やモバイルファクトリー<3912>が売られ、アピリッツ<4174>やcoly<4175>も安い。

ほか、任天堂<7974>やガンホー<3765>などもさえない。


■関連銘柄
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
田坂 吉朗
決算期
3月
直近業績
売上高239億1100万円、営業利益30億3300万円、経常利益32億7800万円、当期純利益19億900万円(2015年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
6238
企業データを見る