【ゲーム株概況(7/6)】日経平均採用への期待で任天堂が買われる 「ユニマ」事業戦略説明会開催のモバイルファクトリーは反発 KLabは続落

7月6日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比45.02円高の2万8643.21円で取引を終えた。前日の米国市場が休場で判断材料に乏しく、薄商いとなる中で、原油先物相場の上昇を受けた関連銘柄の上昇が指数に貢献した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>の強さが目立った。任天堂は、日経平均のルール改定で、構成銘柄の株価水準はみなし額面を使うのをやめて新たに株価換算係数で調整することになることから、次の定期見直しの新規採用候補に同社を上げる向きがあることが市場の関心を集めているようだ。

また、モバイルファクトリー<3912>が反発した。モバイルファクトリーは、NFT総合マーケットプレイス「ユニマ」事業戦略説明会をこの日7月6日に開催しており、その具体的な戦略を明示したことが評価材料となっているもよう。

ほか、今週末7月9日に決算発表を控えるIGポート<3791>などが買われた。

半面、直近IPOのテンダ<4198>とワンダープラネット<4199>が安く、ガンホー<3765>やサイバーエージェント<4751>など主力株の一角もさえない。

東海東京証券による目標株価引き下げが前日の売り材料となったKLab<3656>はこの日も続落した。


■関連銘柄
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る