エディア、『夢幻戦士ヴァリス』などレトロゲーム12タイトルを欧米市場で販売 英国Blaze社のレトロゲーム機向けの公式ライセンス作品として


エディア<3935>は、イギリスのBlaze Entertainment(Blaze社)とライセンス契約を締結し、保有レトロゲームタイトルのうち12タイトルがBlaze社の販売する携帯レトロゲーム機「Evercade」用ソフトの公式ライセンスタイトルとして採用されたことを発表した。

今回、グループのライセンスビジネス強化戦略の一環として、新規マーケットの開拓と収益力の強化を企図し、近年エンタメ市場においてゲームが大きく盛り上がりをみせており、レトロゲーム人気も高い欧米市場に向けて新たにライセンスアウトを行うことを決定した。

▼提供ゲームタイトル
アークスオデッセイ(Arcus Odyssey)
ビーストウォリアーズ(Beast Wrestler)
ディノランド(Dino Land)
エル・ヴィエント(El Viento)
エグザイル 時の狭間へ(Exile)
FZ戦記アクシス(Final Zone)
ガイアレス(Gaiares)
グラナダ(Granada)
SOL-FEACE(Sol-Deace)
港のトレイジア(Traysia)
夢幻戦士ヴァリス(The Fantasm Soldier VALIS)
ヴァリスIII(Valis 3)

▼Blaze Entertainmentについて
2009年にロンドン近郊で創立されたレトロゲーム配信と開発における10年以上の実績をもつゲーム関連製品開発、マーケティング、販売、およびソフトウェア開発会社。Evercadeは2020年6月に販売され、人気を集めている。

◆販売開始時期および地域について
開始時期:2022年1月頃予定
地域:ヨーロッパ、アメリカ
※なお、販売時期などは予告なく変更となる場合がある。
株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る