【ゲーム株概況(7/14)】『東方Project』の新作ゲーム開発を発表のケイブが商いを伴って大幅反発 劇場版映画の大ヒットで1Q好調の東宝は大幅続伸

7月14日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反落し、前日比109.75円安の2万8608.49円で取引を終えた。前日までの上昇への反動に加え、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念から朝方から売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>が商いを伴って大幅反発した。ケイブは、『東方Project』のIP許諾による新作ゲームの開発を開始したと発表したことが市場の関心を集めているようだ。

また、アクセルマーク<3624>やgumi<3903>などNFT関連の一角が買われ、この日の大引け後に上場後初の四半期決算開示を控えたワンダープラネット<4199>もしっかり。

周辺株では、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」や「名探偵コナン 緋色の弾丸」の大ヒットで第1四半期決算が大幅増収増益となった東宝<9602>が大幅続伸し、5000円台乗せの新高値を付けた。

半面、持分法適用関連会社pring(プリン)の保有株全株をGoogleに譲渡することを発表したメタップス<6172>は、目先の材料出尽くしとみた売り物に押されて4日ぶりの大幅反落となり、アクロディア<3823>も大幅反落した。

周辺株では、2022年5月期の上半期の営業赤字見通しを発表したGunosy<6047>が一時ストップ安まで売られた。


■関連銘柄
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る