クリエイターヒストリア#8『かまいたちの夜』『街』の生みの親が語る幸せなクリエイターは"時間が止まる"説が29日20時よりオンライン開催


オルトプラス<3672>は、クリエイターの生涯現役を応援するゲームクリエイターズギルドが、7月29日20時より、クリエイターヒストリア#8『かまいたちの夜』『街』の生みの親が語る幸せなクリエイターは"時間が止まる"説をオンラインで開催することを発表した。
 
クリエイターヒストリアは、ゲーム業界で成功を納めているクリエイターの、クリエイター人生(キャリア)を擬似体験できるトークイベント。ゲーム業界で仕事をしているデザイナー、プランナー、エンジニア、マーケターなどの全てのクリエイターが対象となる。
 
確立されたロールモデルを見つけ出すことが難しいゲームクリエイター、自分自身が人生の岐路に立った時に道に迷わないよう、あの人のキャリアを一緒に覗いてみよう?
 
各回、豪華ゲストを招き、様々なキャリアストーリをインタビュー形式で紐解いていく。
 
▼ゲストプロフィール
ゲスト:麻野一哉(あさのかずや)氏
テクテクライフ株式会社取締役/ゲームクリエイター
兵庫県出身。甲南大学文学部社会学科卒業。『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』に感銘を受け、ウチダエスコを経てチュンソフトに入社。『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』などの開発を行い、『弟切草』ではサウンドノベルという新ジャンルのゲームを生み出す。また『不思議のダンジョン』シリーズの創出者でもある。
 
2002年にチュンソフトを退社した後は、フリーのクリエイターとして活動。ゲーム制作のみならず、米光一成や飯田和敏との共著や、単著の刊行、講師、評論、翻訳、イベント活動、またテクテクライフ株式会社取締役としても活躍している。
 
▼インタビュアー:宮田大介(みやた だいすけ)
株式会社オルトプラス ゲームアライアンス事業執行役員/ゲームクリエイターズギルド主催
大学卒業後、在学中にお世話になった職人の元へ弟子入り、鉄材があれば何でも作れる職人のものづくりをネットビジネスの視点から支援。設立間もないオルトプラスにフロントエンジニアリング兼なんでも屋として参画。プランニング部部長、第二ゲーム事業部の事業部長等を経て、オルトプラスもマザーズ、東証一部上場と成長。その後、日中韓での3拠点でのゲーム新規開発プロデュースや韓国支社の立ち上げメンバー、高知にてSHIFT社とのジョイントベンチャーの立ち上げなど、諸国を放浪する。
 
現在は、ゲームアライアンス事業を設立。ゲーム会社同士のマッチングコミュニティサービスである「ゲームコミューン」やゲームクリエイターの相互教育コミュニティである「ゲームクリエイターズギルド」、ゲームのマーケティング事業等、ゲーム業界を活性化するための新規事業の立ち上げを行っている。
 

イベント概要
 


日時:2021年7月29日(木) 20:00~21:15
場所:オンライン開催(YouTubeライブ) 
費用:無料(申し込みは必須)
対象:ゲームクリエイター、デザイナー、エンジニア、ゲーム業界に関わる全ての方
 
▼視聴申込方法
 
上記URLより申し込むと、配信の前日に、登録したメールアドレス宛に視聴URLを送られる。
 
▼タイムスケジュール
20:00 ゲームクリエイターズギルドより挨拶
20:05 トークセッション
20:50 質疑応答
21:05 お知らせ・次回予告
20:15 閉会
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高59億4900万円、営業損益2億9200万円の赤字、経常損益1億9800万円の赤字、最終損益1億3900万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3672
企業データを見る