【ゲーム株概況(7/26)】28日決算発表を予定のサイバーエージェントと東映アニメが買われる 前週末急騰のフリューは利益確定売りに押される

7月26日の東京株式市場では、日経平均は4連休を挟んで続伸し、前日比285.29円高の2万7833.29円で取引を終えた。今週より発表が本格化する4~6月決算の発表内容への期待から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、今週28日に第3四半期の決算発表を予定しているサイバーエージェント<4751>が続伸した。サイバーエージェントは、子会社Cygamesの新作『ウマ娘 プリティーダービー』の快走で、第2四半期に驚異的な好決算を記録していただけに、その決算内容への期待が高まっているようだ。

また、ガーラ<4777>やアルファポリス<9467>、東映アニメ<4816>なども買われた。東映アニメもサイバーエージェントと同様に28日に第1四半期決算の発表を予定しており、その発表内容への期待から年初来高値を更新する形となった。

半面、ケイブ<3760>やフリュー<6238>、coly<4175>などが安い。フリューは、6月の月次業績の好調を受けて前週末に大きく買われていたこともあり、利益確定の売り物に押される展開となっているもよう。

20日に発表した第1四半期決算が大幅な減収、赤字幅拡大となったことを嫌気して前週末に大幅反落したベクター<2656>は、この日も続落した。


■関連銘柄
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4816
企業データを見る