サイバーエージェントはスマホ普及で事業領域拡大-大和証券「STOCK NEWS」

 大和証券は、2月3日付けの「STOCK NEWS」で、サイバーエージェント<4751>を取り上げている。  同社は、国内大手ネットメディア企業。ビジネスの特徴は、大手SNS企業に比べてパソコン向けのネットサービスの比重が高い点にある。大和証券では、同社のこうした特徴は、スマートフォンの普及・拡大が顕著な昨今にあってはプラスに働くと見ているという。  スマホは、iモードやEzwebなど専用のネットワークを必要とせず、端末の形状も従来の携帯電話に比べると大きく、表示する情報量も多いため、携帯電話ではなくパソコンに近い。よって、パソコン向けに強い同社のサービスは、スマートフォンと親和性が高いと見ているようだ。会社側も、スマートフォン向けサービスの強化を掲げ、アプリや広告の拡充を進めている。  なお、2010年10-12月期の決算は、34%増収・68%営業増益だった。FXが落ち込む中、Ameba関連やメディア関連、インターネット広告代理事業が順調に伸びた。Ameba事業は、2009年7-9月期に黒字転換した後、利益計上を継続している。ピグに関する課金売上も拡大しているが、内外のスマホ拡大に伴って、同社の利益成長に弾みがつくと考えられる、としている。  大和証券キャピタルマーケットでは、2011年9月期の営業利益について前期比21%増の113億円、2011年9月期は25%増の141億円と予想している。会社側の2011年9月期の営業利益予想は、17.8%増の110億円となっている。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る