「Cygamesに超一流のゲームクリエイターが集まっている」 CA藤田社長、家庭用ゲームにも期待寄せる 『FF VII EVER CRISIS』と『呪術廻戦』を期待の新作スマホゲームに

木村英彦 編集長
/

 

サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長は、オンラインで開催した第3四半期の決算説明会で、今後の新作タイトルとして、珍しくコンシューマゲームにもコメントした。『Project GAMM』や『GRANBLUE FANTASY Relink』『Project Awakening』の開発を進めていることを紹介した。

藤田社長は、個々のタイトルにコメントこそしなかったが、「現在、Cygamesに超一流のゲームクリエイターが集まっている。非常に高いレベルのゲームを出すために鋭意開発を進めている」と述べ、スマホゲームだけでなく、家庭用ゲームの新作にも期待を寄せた。

なお、今後の期待の新作スマホゲームとして、『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』とともに、『呪術廻戦 ファントムパレード』をあげた。

『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』は、『ファイナルファンタジーVII』コンピレーションシリーズを章立て配信で紡ぐ新作RPG。世界的に人気を集めているタイトルということもあり、期待できるとした。

 

『呪術廻戦 ファントムパレード』については、サムザップが開発・運営するが、『鬼滅の刃』に続く巨大IPのゲーム化であるとし、こちらも期待がかかると述べた。

 

藤田社長は、「『ウマ娘』が大きなヒットとなったが、当社は、年に1~2本ペースで主力級に育つタイトルを出している。グループ全体でノウハウと人材、そして開発費を投下できる資金力をもって今後も良いタイトルを提供していきたい」と手綱を緩めず攻勢をかけていく考えを示した。

 

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高7105億7500万円、営業利益691億1400万円、経常利益694億6400万円、最終利益242億1900万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る