エイベックス、バーチャルエンタテインメント事業を専業とする新会社バーチャル・エイベックスを設立

  • エイベックス・ビジネス・ディベロップメント(ABD)は、本日(8月6日)、バーチャルエンタテインメント事業を専業とする新会社バーチャル・エイベックスを8月5日付で設立したことを発表した。

    新会社は、エイベックスが保有するエンタテインメント領域における機能やノウハウを最大限に活用し、近年需要が急拡大するバーチャルエンタテインメント事業の最大化を目指す。

    ABDは、2018年8月より、ダンスパフォーマンスに定評のある「まりなす」などのバーチャルアーティストのプロデュースのほか、延べ約10万人が視聴したオンラインバーチャルアイドルフェス「Life Like a Live!(えるすりー)」の企画制作を行うなど、様々なバーチャルエンタテインメント事業を展開してきた。

    また、その背景では、自社専用のモーションキャプチャスタジオと、デジタルモーションと共同開発した照明・特効演出(花火や紙吹雪など)やカメラワークをリアルタイムで行うシステムを組み合わせて、高品質な動画や生配信を多数制作し、リアルアーティストのライヴにも負けない生の臨場感をバーチャルライヴでも体現してきた。

    昨今、テクノロジーの進化やコロナ禍におけるオンライン需要の拡大により、バーチャルエンタテインメントを取り巻く市場はさらなる拡大が期待されている。この流れを受け、今回、事業の開始当初からバーチャルライヴのシステム開発を支えてきたパートナー企業であるデジタルモーションと新会社を設立した。デジタルモーションのシステム開発力とABDの企画制作力を掛け合わせることで、より一層強固な体制でバーチャルエンタテインメント事業を推進していく。

    今後は、出版社などのIPホルダーが保有する既存のアニメ・ゲームキャラクターや、 リアルに存在するアーティスト・タレントなどのバーチャルアーティスト活動を促進するとともに、リアルアーティストのライヴ・イベントやフェスなどのバーチャル化を推進し、新たなエンタテインメント体験として、バーチャルならではの表現で感動や熱狂を届けていく。

    【新会社概要】
    会社名:バーチャル・エイベックス株式会社
    代表者:代表取締役社長 加藤信介
    所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル
    設立:2021年8月5日
    事業内容:バーチャルアーティストのプロデュース・マネジメントや、 動画・生配信・ライヴの企画制作など
    URL:https://virtual-avex.com/

エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高815億2700万円、営業損益62億7800万円の赤字、経常損益65億3800万円の赤字、最終利益128億3100万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7860
企業データを見る