OneSportsとアクセルマーク、新作ブロックチェーンゲームでJリーグとライセンス契約! LINE Blockchainプラットフォームを利用



OneSportsとアクセルマーク<3624>は、新作スポーツブロックチェーンゲームでJリーグとライセンス契約を締結したと発表した。

今回のライセンス契約締結により、 プロスポーツリーグライセンス を使用する国内初のブロックチェーンゲームだという。

本作は、 2021明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の 全42クラブ800名以上の選手が実名実写 で登場し、 ユーザーはクラブのオーナー兼監督となり、 自分自身のクラブを作り上げリーグの頂点を目指すシミュレーションゲームとなる。 多数のオンラインゲーム同様に基本無料ですぐにプレイすることが可能。

本作では従来のソーシャルゲームでは実現できなかった「ゲーム内で育成した選手カードをNFT※1化することでユーザー間での売買が可能」になることを特徴とし、 ユーザーは実際のスポーツシーンのような体験ができる。本作に関する詳細については、 順次発表を行っていくとのこと。

なお、利用するチェーンはLINE Blockchainプラットフォームを予定しているようだ。

プラットフォームとしては、 国内8900万人の利用者に親しまれているインターフェースからブロックチェーンの操作ができること、 安心して取引ができる環境が整備されていることを理由として挙げている。

アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高26億5500万円、営業利益200万円、経常利益4100万円、最終利益7400万円(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3624
企業データを見る