【ゲーム株概況(9/3)】国内証券が目標株価引き上げのサンリオが大幅続伸 ビットバンクと資本業務提携のミクシィは5日続伸

  • 9月3日の東京株式市場では、日経平均は5日続伸し、前日比584.60円高の2万9128.11円で取引を終えた。菅首相が自民党総裁選への出馬を見送る意向と伝えられたことで、総裁選や衆院選に向けて次の総裁候補者から新たな経済対策などが打ち出しやすくなるのではとの期待が市場の心理に働いた。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東映アニメ<4816>が連日の高値更新となったほか、サンリオ<8136>も商いを伴って大幅続伸するなど強さを見せた。サンリオは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「ニュートラル」を据え置きながらも目標株価を1820円から2300円に引き上げたことも株価の刺激材料となっているようだ。

    また、暗号資産取引所「bitbank」を運営するビットバンクと資本業務提携を締結したミクシィ<2121>が5日続伸となり、ボルテージ<3639>やマイネット<3928>なども買われた。

    半面、KLab<3656>が反落し、アクセルマーク<3624>やgumi<3903>、coly<4175>なども売られた。

    大手ゲームが堅調な推移となる中で、任天堂<7974>は5日ぶりに小反落した。

株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2121
企業データを見る
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高410億5300万円、営業損益32億8000万円の赤字、経常損益17億3100万円の赤字、最終損益39億6000万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
8136
企業データを見る