アピリッツ、オンラインゲーム運営のムーンラビットを買収…台湾X-Legendのゲームタイトルを国内で配信

アピリッツ<4174>は、オンラインゲーム運営の合同会社ムーンラビットの全持分を取得し、完全子会社化することを明らかにした。取得価額は未確定で、10月1日に譲渡を実行する。

ムーンラビットは、オンラインゲームの運用・企画を主な事業としており、主に台湾上場企業の X-Legend Entertainmentのゲームを日本国内で提供している。しかしながら今後の成長性を鑑みた際に単独での成長ではなく、同社の国内ゲーム事業のノウハウと資本力を活かし成長をすることが望ましいと判断し、今回の子会社化を選択したという。

同社としても設立間もない会社ではあるが、ムーンラビット代表の陳 建文氏は、X-Legend Entertainmentの日本法人「X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN」における取締役 COO として事業運営に従事し、海外オンラインゲームの運営ノウハウを十分に有していること、それによる同社が望む海外展開方針にふさわしいと判断した、としている。

オンラインゲームについては、世界規模でマーケットが存在しているが、ムーンラビットは今後、同社が海外市場進出を実現するために必要な国を跨いだ流通に対するノウハウを有していることから、同社タイトルの海外での販売や、海外ゲームのライセンス等の国内販売等、これらノウハウ活用し、オンラインゲーム事業の成長を目指すとのこと。

 

■ムーンラビット

 

株式会社アピリッツ
https://appirits.com/

会社情報

会社名
株式会社アピリッツ
設立
2000年7月
代表者
代表取締役社長 執行役員CEO 和田 順児
決算期
1月
直近業績
売上高38億8900万円、営業利益2億2900万円、経常利益2億2900万円、最終利益1億2500万円(2021年1月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4174
企業データを見る