SIE、PS5システムソフトウェアアップデートを9月15日より配信…M.2 SSDによるストレージ拡張やテレビスピーカーでの3Dオーディオ対応など

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation5の大型システムソフトウェアアップデート第2弾を全世界で明日9月15日より配信する。今回のアップデートでは、テレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応をはじめ、PS5のユーザー体験にさまざまな改善を追加している。また、M.2SSDによるストレージの拡張に対応し、PS5およびPlayStation4のゲームやメディアアプリをM.2SSDにインストールすることや、M.2SSDから直接起動することが可能になった。

さらに、モバイル向け機能の拡張も予定している。明日以降、「PS Remote Play」アプリをWi-Fi環境だけでなくモバイルデータ通信でも利用できるようになるほか、来週9月24日からはPS5のシェアスクリーン画面をPS Appからも視聴可能なアップデートを予定している。

 

PS5システムソフトウェアアップデート内容

PS5のUX向上
今回のアップデートでは、ユーザーがゲームコンテンツや各種設定をより簡単に確認し、カスタマイズや管理ができるよう、UXの向上を図った。

コントロールセンターのカスタマイズ
コントロールセンターをより自由にカスタマイズできるようになり、表示/非表示できるコントロールが増え、順番の入れ替えもできるようになった。

ゲームベースの改善
コントロールセンターの[ゲームベース]から、パーティーのテキストチャットにアクセスしたり、メッセージを送信したりできるようになった。[ゲームベース]の画面から、オンラインのフレンド、取り込み中のフレンド、オフラインのフレンドの人数がわかるようになった。また、フレンドリクエストをまとめて許可、拒否およびキャンセルできるようになった。

 

ゲームライブラリーとホーム画面の改善
同じゲームのPS5バージョンとPS4バージョンを両方インストールしている場合、ホーム画面やライブラリーの[インストール済]タブで、それぞれ別々に表示するようになった。また、ゲームのプラットフォームがアイコンで見やすく表示するようになった。

音声読み上げ機能の操作追加
アクセシビリティの音声読み上げ有効時に、PSボタンと△ボタンを同時に押すと、音声読み上げの一時停止や再開ができるようになった。また、PSボタンとR1ボタンを同時に押すと、もう一度読み上げることができる。

 

ゲームやソーシャル機能のカスタマイズ

PlayStationNowの解像度選択と通信接続テスト
PS Nowで、ストリーミングの最大解像度をお好みに合わせて720pもしくは1080pから選択できるようになった(プレイするゲームによって最大解像度が異なる場合がある)。また、ストリーミング接続のテストを行ない、インターネット接続に問題があるかどうかを確認できるようになった。

拍手の種類に「リーダー」が追加
PS5のゲームでは、オンライン対戦の後で、他のプレーヤーの行動を称えるために拍手を送ることができる。「リーダー」は計画性をもって戦略的に動き、他のプレーヤーを鼓舞するプレーヤーを称える拍手。プレーヤーに送られた拍手は、プレーヤーのプロフィール画面に表示される。

 

「自己ベスト」映像の自動キャプチャー
PS5のゲームでチャレンジをプレイして、自己ベストのタイムや得点を記録したときに、そのプレイを自動的にビデオクリップに保存できるようになった。このビデオクリップはコントロールセンターのチャレンジカードですぐにシェアすることも、メディアギャラリーで後からシェアすることもできる。自動キャプチャーの設定は、[キャプチャーとブロードキャスト] から変更できる。

 

新しいトロフィートラッカー
コントロールセンターにトロフィートラッカーが追加され、ひとつのゲームにつき最大5個のトロフィーをトラックできるようになった。

  

テレビスピーカーでの3Dオーディオ対応

今回のPS5アップデートでは、テレビの内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応を追加した。設定の[サウンド]メニューからこの機能を有効にすると、通常の2チャンネルのテレビスピーカー音声が3次元の音声に変換され、ゲームプレイへの没入感を高めることができる。

DualSense ワイヤレスコントローラーのマイクを使って部屋の音響特性を測定することで、自分の部屋に適した3Dオーディオ設定を反映させることができる。

 

さらに、「PULSE3D ワイヤレスヘッドセット」を利用は、コントロールセンターの[サウンド]からオーディオEQ機能を設定できるようになった。多数のプリセットからEQプロフィールを選択できる。

 

M.2SSDによるストレージの拡張

明日9月15日以降、世界中のPS5ユーザーはM.2SSDを利用して、PS5のストレージ容量を拡張することができる。M.2SSDは高速なソリッド・ステート・ドライブの一種で、PS5およびPS5デジタル・エディションの両モデルの拡張スロットに装着することで利用できる。

M.2SSDストレージは、PS5またはPS5デジタル・エディションに装着することで、PS5/PS4のゲームやメディアアプリのダウンロードおよびコピーに利用できる。PS5/PS4のゲームをM.2SSDストレージから直接プレイしたり、ストレージ間でゲームを自由に移動したりすることができる。

 

重要:PS5で利用するM.2SSDは、こちらのページに記載されている一定の要件を満たしている必要がある。また、PS5でM.2SSDを使用する場合、サイズの要件を満たすヒートシンクなどの放熱構造が必要。PS5用にM.2SSDや放熱構造を購入する前に、上記のページを必ずよく確認してほしい。

  

「PS Remote Play」アプリおよびPS Appの拡張

「PS Remote Play」アプリのモバイルデータ通信対応
●「PS Remote Play」アプリは、対応するモバイルデバイスからインターネット回線を通じて、PS5やPS4のゲームを遠隔でプレイできるアプリ(*3)。
●iOSとAndroidユーザーは、Wi-Fi環境がないときに、モバイルデータ通信を使用してPS5やPS4に接続できるようになった。
●リモートプレイには、最低5Mbpsの通信速度が必要。最高解像度で楽しみたい場合は、上り下りとも15Mbps以上がおすすめ。
●モバイル接続時に使用するデータ量を管理するために、モバイルデータ通信使用時のビデオ品質を選択することができる。
●リモートプレイの品質や接続性は、使用の通信キャリアのネットワーク環境によって異なる場合があるので注意してほしい。
 

※画像は英語版のもの。

PS Appでのシェアスクリーン画面の視聴
●来週9月23日から、全世界でPS Appのアップデートが開始され、フレンドのシェアスクリーン画面をPS Appから一緒に見ることができるようになる。
●まず、PS5で遊んでいるフレンドと同じボイスチャットにモバイル端末から参加し、PS5を使っているフレンドに画面をシェアしてほしいと声をかけてみたい。なお、シェアスクリーンによる画面の配信はPS5のみ対応している。
●Android版のアップデートは段階的に配信するため、利用の端末でアップデートが利用可能になるまで一週間程度かかる場合がある。

 

 PS4のアップデート内容

また、PS4向けの新機能として、PS5のトロフィーをPS4のプロフィールやトロフィーリストで確認できるようになった。他のユーザーのPS5のトロフィーリストにおいてもPS4上で確認することができる。また、PS4とPS5の両方で、グループのオーナーが、メンバーを個別に削除することなく、グループを削除できるようになった。

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)
https://www.sie.com/jp/index.html

会社情報

会社名
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)
設立
1993年11月
代表者
代表取締役社長 ジム・ライアン
企業データを見る