【ゲーム株概況(9/21)】壽屋が軟地合い下で高値更新と気を吐く 中国懸念とビットコイン下落のダブルパンチでネクソンは5日続落

  • 9月21日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比660.34円安の2万9839.71円で取引を終えた。中国の不動産大手である中国恒大集団の資金繰り懸念が嫌気され、朝方から売り物が先行し、終値ベースで3万円の大台を割り込んだ。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、壽屋(コトブキヤ)<7809>が難地合い下で高値更新と強さを見せた。壽屋は、自社IP製品の好調が前期業績をけん引したことに加え、他社IP製品も「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」などの商材を手掛けており、今期も好調を持続することへの期待が膨らんでいるようだ。

    また、ブシロード<7803>が買われたほか、KADOKAWA<9468>やイマジニア<4644>、ブロッコリー<2706>などがしっかり。

    半面、中国経済への懸念に加え、ビットコイン市場の下落も意識され、ネクソン<3659>が5日続落となり、前週末17日に2021年9月期の減収、大幅赤字計上となる見通しを発表したバンク・オブ・イノベーション<4393>も反落した。

    スクウェア・エニックスHD<9684>やコナミHD<9697>など大手ゲーム株は総じてさえない。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2930億円、営業利益1114億円、最終利益562億円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3659
企業データを見る
株式会社壽屋(コトブキヤ)
https://company.kotobukiya.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社壽屋(コトブキヤ)
設立
1953年1月
代表者
代表取締役社長 清水 一行
決算期
6月
直近業績
売上高95億4300万円、営業利益9億8700万円、経常利益9億8900万円、最終利益6億7900万円(2021年6月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
7809
企業データを見る