コロプラ、『テイルズ オブ』シリーズの新作スマホゲーム『テイルズ オブ ルミナリア』をバンナムと共同開発 公式番組#1を公開中

コロプラ<3668>は、本日(9月24日)、『テイルズ オブ』シリーズの新作スマートフォン向けゲーム『テイルズ オブ ルミナリア』をバンダイナムコエンターテインメントと共同開発していることを発表した。

『テイルズ オブ ルミナリア』は、『テイルズ オブ』シリーズ25周年を締めくくる記念タイトルとなり、アプリ初の完全オリジナルタイトルとなる。「あの出会いが、世界を変えたんだ。」という『テイルズ オブ』シリーズの本質はそのままに、アプリならではの多くの変化を加えた作品となる。

本作のジャンルは「21の生き様が交錯するRPG」となっている。21人の主人公がそれぞれの”正義”を抱きながら成長する、彼らの生き様と仲間との絆の物語を楽しむことができる。それぞれの主人公が持つ、信念や正義を多角的に見ることで「正義は1つではない」といった『テイルズ オブ』シリーズ特有のテーマ性を、一層深く、これまでになかった形で見ることができます。詳細は、本日公開された「『テイルズ オブ ルミナリア』公式番組#1~LIVE~」もしくは、公式サイトで確認できる。

本作は、『テイルズ オブ』シリーズの”可能性と発見”を目指すタイトルになる。ファンタジックな世界を舞台に、多数のキャラクターが代わる代わる登場する、『テイルズ オブ』シリーズのファンもそうではないプレイヤーも楽しめる作品を目指す。

本作はコロプラが開発を担当し、強力なチームの一員としてアプリの制作を支える。コロプラは、これからも最新のテクノロジーと独創的なアイデアで、これまでにない新しいエンターテインメントを生み出していくとしている。

■関連サイト

 

公式サイト

公式Twitter



©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る