JeSU、eスポーツ練習施設の普及・拡大に向けた取り組みを発表…警察と協力しガイドライン制定の準備へ

  

日本 e スポーツ連合(JeSU)は、この日(9月28日)、eスポーツ練習施設の普及・拡大を目的として、認定ジム制度等に関するガイドラインの策定を進めていると発表した。JeSUは、この認定ジム制度の運用に向けて、パイロット事業の準備を開始したという。

JeSUは発足当初より、eスポーツのさらなる発展を目的として、練習施設の普及に取り組んできたが、施設の開設・運営にあたっては、風営適正化法上の課題を整理する必要があった。

こうした状況を受け、JeSUは、風営適正化法上の許可を取得することなく、eスポーツ練習施設を開設するための認定ジム制度や関連する諸制度の整備を進めている。

具体的には、指導者の常駐、適切な指導体制の整備、設置機材に関する基準、地域の健全性の確保など条件を満たしたものを、風営法上の営業規制の対象外とし、eスポーツ練習施設となるような制度をガイドラインとしてまとめていく。

JeSUは、このガイドラインの運用面の課題を検証するため、警察庁の協力の下、一部のeスポーツ施設においてパイロット事業を実施する予定。パイロット事業のスケジュールについては、改めて発表する予定だ。