Preferred Networks、新設するPreferred Roboticsに自律移動ロボット事業を移管 21年1月期決算は営業損失10億円

Preferred Networks(PFN、プリファードネットワークス)は、新設分割で新設する株式会社Preferred RoboticsにPreferred Networksの自律移動ロボットに関する事業を移管する。本日(9月29日)付の「官報」に掲載された「新設分割公告」で判明した。

Preferred Networksは、機械学習・深層学習(ディープラーニング)などの最先端技術を実用化し、製造業、交通システム、バイオヘルスケア、ロボティクスなどの分野でイノベーションの実現を目指している。

 

  

なお、直近(2021年1月期)の決算は、売上高84億8600万円、営業損失10億1300万円、経常損失10億1700万円、最終損失12億1800万円と2ケタの赤字を計上した。研究開発費を含む販売管理費の占める比率が大きい。