ドリコム、韓国マドルカと資本業務提携 ドリコムがマドルカの発行済株式の7%を取得 『ミコノート』の展開でも協業

 

ドリコム<3793>は、韓国MADORCA(マドルカ)と資本業務提携し、モバイルゲームの開発・運用で協業することで合意したと発表した。ドリコムは、マドルカの発行済株式総数の約7%を保有し、『ミコノート』の日本国内でのパブリッシングを行うなど、モバイルゲームの日本国内外での展開で密に連携していく。

ドリコムは、主力事業であるゲーム事業の一層の拡大を志向し、国内市場のみならず、海外市場でのプレゼンスの拡大にも注力し、グローバル規模のモバイルゲーム開発・運営会社を目指している。

そうした取り組みの中、ドリコムの弱みを補完する優れたゲーム開発企業との協業を重要な戦略的手段と位置付け、特に今後モバイルゲームにおいてセルルックが主流となるとの考えの下、コンソール技術をベースとした3Dグラフィクステクノロジーに強みを有する開発会社との協業を模索してきたという。

マドルカは、セルルック3Dテクノロジーに強みを有し、自社エンジンを保有しているほか、優れたマネジメントの下、少数精鋭で質の高いゲームを開発してきており、ドリコムが理想とする開発パートナーの条件に合致することから有力な協業先として、コミュニケーションを図り、2020年より「ミコノート」の開発において協業してきたという。

今回、「ミコノート」のグローバルでのヒット確度の向上と、一層の関係強化を目的に、資本業務提携することになったという。

 

■マドルカの概要
マドルカは2014年10月の設立した大韓民国ソウル特別市に本社を置くモバイルゲーム開発会社で、日本や中国を中心としたアジア市場をターゲットとした、サブカルチャー系ゲームの開発を強みとしている。日本のゲーム会社とも豊富な協業経験があり、少数精鋭の開発陣の高い開発力に定評のある成長著しいゲーム開発企業。

社名:MADORCA Inc.
CEO:Na Jiung(羅 志雄 / ナ・ジウン)
設立:2014年10月
所在地:大韓民国ソウル特別市九老区九老洞Daeryung post tower2nd311
Webサイト: http://madorca.com/

 

■協業体制下での新作第1弾「ミコノート」の今冬のリリースが決定
「ミコノート」はマドルカが開発し、ドリコムが開発協力、国内でのパブリッシングを担当するスマートフォン向けゲーム。“巫女とひとつ屋根の下"というコンセプトのもと、3Dで描かれた巫女たちとの暮らしを楽しむことができる。協業体制下での新作第1弾として、今冬のリリースが決定した。

 

株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る