ボルテージ、初のSwitchオリジナルタイトル『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』を2022年に発売 “魔女裁判”“死に戻り”がテーマのダークファンタジー

ボルテージ<3639>は、本日(10月20日)、同社初のNintendo Switchオリジナルタイトル『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』を2022年に発売することを発表した。

本作は、“魔女裁判”“死に戻り”がテーマのダークファンタジー。実力派クリエイターによって作り上げられた美麗な世界観の中で、豪華な声優陣の熱演によって魅力付けされたキャラクターが多数登場する。同社が得意とする恋愛ストーリーのみだけでなく、キャラクター同士の信頼関係や、自分を信じることの大切さなども描かれ、人間ドラマとしても楽しめる作品となっている。

また、同社のほかのNintendo Switch向けタイトルと同じく、米州・アジア・欧州・豪州・日本リージョンと、全世界での発売を予定している(※一部地域を除く)。

▼『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』ティザー動画

<『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』概要>
タイトル:even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女
対応機種:Nintendo Switch™(ダウンロード専用ソフト)
配信日:2022年発売予定
価格:価格未定
対応言語:日本語、英語
ジャンル:アドベンチャーゲーム
ボイス:フルボイス(ヒロインなし)
出演(五十音順)
飯田奈保美 / 石川界人/ 沖なつ芽/ 柿原徹也 / 木島隆一 / 杉山紀彰 / 武内駿輔 / 千葉翔也/ 綱川博之 / 野上翔 / 畠中祐 / 藤澤雄生 / 古川慎 / 帆世雄一 / 三森すずこ
企画 / 制作:ボルテージ

<『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』参加クリエイター>
ディレクター / シナリオ:潮文音
代表作:ノルン+ノネットシリーズなど
イラストレーター:のりた
代表作:RUNLIMITなど
背景美術:秋葉みのる(スタジオじゃっく)
代表作:劇場版ポケットモンスターシリーズなど
BGM:土屋俊輔(プロキオン・スタジオ)
代表作:アナザーエデンなど

主題歌
OP:Reborn To Be a Survivor
ED:Embrace Myself

歌唱 / 作詞:平田志穂子(エムアイティギャザリング)
代表作:ペルソナシリーズなど
作曲 / 編曲:土屋俊輔(プロキオン・スタジオ)
代表作:アナザーエデンなど

<『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』あらすじ>
魔女裁判、魔女狩りが慣習とされる世界。

侯爵家に生まれついた主人公は、継母からの暴力に、 身体と心を痛めつけられる毎日を送っていた。
もがき苦しむ彼女に、 魔女が異形の力を授ける。

「死に戻り」。

死することで時を戻す力だった。
主人公は人生をやり直すことに成功するが、それはさらなる悲劇の始まりに過ぎなかった。

終末を謳う「魔女裁判―カーニバル―」が今幕を開ける。


▼『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』ティザーサイト
https://products.voltage.co.jp/tempest/

▼『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』公式Twitter
https://twitter.com/evenifTEMPEST


© Voltage Inc. All rights Reserved.

株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高69億200万円、営業利益1億5900万円、経常利益1億7700万円、最終利益1億6300万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3639
企業データを見る