【ゲーム株概況(10/22)】外資が「バイ」格上げのスクエニHDが終値で6000円台を回復 3Q決算発表のモバイルファクトリーは後場一時4ケタ大台割れに

  • 10月22日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比96.27円高の2万8804.85円で取引を終えた。中国の不動産大手である中国恒大集団による米ドル債の利払いを実施したと報じられたことで、市場の警戒感がやや後退し、前場中ごろに買いの動きが広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、スクウェア・エニックスHD<9684>が買われ、終値ベースで6000円台を回復した。スクエニHDは、ジェフリーズ証券がレーティングを「ホールド」から「バイ」に格上げし、目標株価も6360円から6950円に引き上げたことが市場の関心を集めているようだ。

    また、アクセルマーク<3624>や日本一ソフト<3851>、ボルテージ<3639>なども買われた。アクセルマークは、NFT関連の循環物色で資金が向かっている側面もあるもよう。同様にgumi<3903>もしっかり。

    半面、SEHD&インキュベーションズ<9478>は、前日21日に2022年3月期の連結業績予想の上方修正や自社株買いを発表したものの、利益確定の売り物に押された。

    前場引け後に発表した第3四半期決算が2ケタの減益となったモバイルファクトリー<3912>は、後場に入って一時1000円大台割れまで売られた。

    ほか、サイバーエージェント<4751>やサンリオ<8136>、ブシロード<7803>などもさえない。

株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る
SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ

会社情報

会社名
SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ
企業データを見る