サイバーステップ、行使価額修正条項付第36回新株予約権の行使価額の修正を決定 調達資金の減少時はトレバ事業への充当を優先へ

  • サイバーステップ<3810>は、本日(10月26日)、9月24日にマッコーリー・バンク・リミテッドを割当先として発行した行使価額修正条項付第36回新株予約権について、新株予約権の発行要項第10項の規定による行使価額の修正を行うことを発表した。

    同社は、第1四半期期間において、「オンラインクレーンゲーム・トレバ」における継続したプロモーション活動を進めていたことに加え、夏季において余暇時間が比較的に増加する傾向にあること、以前より進めていたコスト削減を背景としてある程度の売上高および利益面における増加を見込んでいた。しかし、コスト削減は全般的な既存コストの見直しによる取り組みが進んでいる一方で売上高が想定より向上しなかったことを受け、現状の手元預金では中長期的な財務戦略の観点からは十分でないと考え、財務的な補完をすべきであるという判断に至ったという。

    本新株予約権の行使により想定していた調達資金の額が減少する場合においては、当初の資金使途における「オンラインクレーンゲーム・トレバ」事業に係る景品仕入費用及びプロモーション費用、新規タイトルに係るプロモーション費用の順で優先的に充当していくとしている。

    なお、本新株予約権の行使価額修正選択権の行使による同社業績に与える影響は軽微としているが、そのほか影響を及ぼす事象が発生した場合には速やかに公表するとしている。

サイバーステップ株式会社
https://corp.cyberstep.com/

会社情報

会社名
サイバーステップ株式会社
設立
2000年4月
代表者
代表取締役社長 佐藤 類
決算期
5月
直近業績
売上高121億9300万円、営業損益8億1200万円の赤字、経常損益9億2300万円の赤字、最終損益11億5600万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証二部
証券コード
3810
企業データを見る