【ゲーム株概況(11/10)】3Q決算での利益改善でネクソンが大幅反発 国内証券が目標株価引き上げのエイベックスは高値更新 DeNAは大幅続落

  • 11月10日の東京株式市場では、日経平均は4日続落し、前日比178.68円安の2万9106.78円で取引を終えた。前日の米国市場安に加え、インフレ懸念で中国市場も軟調なスタートとなったことで、国内市場も後場にかけて売り物が広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ネクソン<3659>が大幅反発した。ネクソンは、前日9日に発表した第3四半期決算において、暗号資産の市場価格の変動による再評価で損失の戻入17億円を計上するなど、利益の改善が見受けられたことが市場の評価材料となっているようだ。

    また、KLab<3656>が大幅反発し、ケイブ<3760>やカヤック<3904>なども買われた。KLabは今期3度目となる通期予想の減額修正を発表したものの、第3四半期期間(7~9月)では影響黒字に回復していることもあり、悪材料出尽くしとみた買いが入っているようだ。

    ほか、東海東京証券がレーティング「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1770円から2460円に引き上げたエイベックス<7860>が年初来高値を更新した。

    半面、既存タイトルの減衰でゲーム事業が減収減益となったDeNA<2432>が大幅続落した。

    タカラトミー<7867>は、第2四半期の好決算を発表したものの、10月28日に業績予想の上方修正を既に発表していたこともあり、既に織り込み済みとの見方から利益確定の売り物に押された。

    ほか、4ケタ大台乗せの達成感からグリー<3632>が続落した。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る
エイベックス株式会社
https://avex.com/

会社情報

会社名
エイベックス株式会社
設立
1988年4月
代表者
代表取締役会長 松浦 勝人/代表取締役社長CEO 黒岩 克巳/代表取締役CFO 林 真司
直近業績
売上高815億2700万円、営業損益62億7800万円の赤字、経常損益65億3800万円の赤字、最終利益128億3100万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7860
企業データを見る