アートディンクとKOMODO、『A列車で行こう はじまる観光計画』Steam版の追加要素「シナリオ」と「建造物」を公開

アートディンクとKOMODOは、ゲームブランド「DEGICA GAMES」として2021年12月8日発売予定の都市開発鉄道シミュレーション『A列車で行こう はじまる観光計画』のSteam版に関する追加要素「シナリオ」と「建造物」を公開した。

 ■PC版新機能 目指せ、 一大観光都市(1追加シナリオ1.「ヌッシーを探せ」
主路湖周辺の温泉街復興プロジェクトに携わることに。
インフラ整備とリゾート開発の傍ら、謎に満ちた存在「ヌッシー」の目撃情報が相次ぐ。
そこで証券社員天草率いる「ヌッシー探索隊」が結成されて……。
果たして、ヌッシーの正体は?
なんといってもこの街の特徴は、中心に位置する主路湖。
湖に隔てられた孤島に佇む主路神社には絶大な利益がありそう。
湖に加え、外に向かって行くにつれて上がっていく勾配が障害となる中で、どのようにして観光客を呼び込んでいくかがポイントになる。

 

 ■PC版新機能 目指せ、一大観光都市(2) 追加シナリオ(2)「蘇る鉄道」
自家用車の普及によって、鉄道が失われてしまった泡道島。
島民の高齢化を受けて、利便性の高い鉄道を蘇らせるプロジェクトが動き出す。
島同士は道路で結ばれているものの、既存の鉄道は一切ない。
海に隔てられた島々をどう繋ぐか、限られた土地をどう活用するか……。
また、鉄道関連に限らず、多くの課題をこなす必要があり、社長としての腕が問われる。
猛暑にスマートフォン……2010年代を舞台としたスタッフたちの日常にも注目。

■PC版新機能 観光地がバリエーション豊かに追加した建物で新たな観光地をプロデュース
海辺のリゾートを演出する「ヴィラ」、「ヤシの木」。また、海辺の観光地としてピッタリな「タワー3」も登場する。このほか、要望の声が非常に多かった「競馬場」も追加。大スケールで迫力満点な観光地として魅力を引き立て、観光客を呼び込もう。

【新規建物】
・ヴィラ
・競馬場
・タワー3
・ヤシの木

 

■PC版新機能 充実の設備で街に躍動を設備がさらに充実! 街の躍動感を演出しよう
線路では、先の信号を中継する「中継信号機」。そして、車両のメンテナンスには欠かせない「車両洗浄装置」が加わった。配置することで、路線や車庫がよりリアルになる。道路にも2種類の設備が追加される。目標地点までの経路を発表した「経路案内」の標識と、見通しの悪い交差点、カーブの安全を確保する「カーブミラー」。どちらも馴染み深い設備、生きた街を表現できる。

【新規設備】
・中継信号機
・車両洗浄装置
・経路案内(標識20)
・カーブミラー

 

(C) 2021 Komodo Co., Ltd.
(C) 2021 ARTDINK. All Rights Reserved.