コロプラ、『ウマ娘』が「業績に与えた大きな影響はない」 ジャンルやユーザー層で似ているタイトルが少ないため

コロプラ<3668>は、2021年9月通期の決算説明会(テレフォンカンファレンス)で、Cygamesからリリースされた『ウマ娘 プリティーダービー』の影響について質問を受けると、「業績への大きな影響はない」と回答した。

「ウマ娘 プリティーダービー』は、2021年2月にリリースされて大ヒットし、サイバーエージェントの最高業績更新にも大きく貢献した。一部では、スマホゲーム市場の1割程度のシェアを握っているとの声も出ている。

コロプラの業績に大きな影響がないと考えている理由については、「ジャンルやユーザー層が似ているタイトルは少ないため」だという。既存タイトルの売上が低下傾向だが、経年によるものとみているようだ。

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(202年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る