【連載】中山淳雄の「推しもオタクもグローバル」 ニューヨークのアニメの祭典、Anime NYC is NOW#2 初日大炎上も柔軟な運営で乗り切る 「鬼滅の刃」がコスプレイヤーで最も人気

アニメNYC開会式とポップな日本総領事
アニメNYCの開会告知は、創業者の1人Peter Tatara氏、NY州議会議員のBen Kallos氏、日本国領事館の山野内勘二総領事の3人によってなされた。開会の挨拶として、「アニメNYCが持ち込む日本ポップカルチャーがニューヨークに及ぼす影響は非常に大きく、こうしたハブとしてのイベントを開催できることが大変喜ばしいこと」だと3者が結んだ。特に2年ぶりの開催にも関わらず、5万人のチケットが完売し、2019年以上に大きなイベントになったことはNY州のアニメファンが、コロナ禍であってもコンテンツに強く期待を寄せていたことの現れである。

(左から山野内総領事、Ben Kallos氏、Peter Tatara氏)


山野内総領事はポップカルチャーに造詣深く、開催前日祭では竈門炭治郎の羽織を着て「鬼滅の刃」の音楽をギターで演奏したことでもNY州で多くの話題を集めた(関連)。さらに、ホロライブプロダクションを展開するカバー社と日本総領事館のコラボを発表し、行政機関の取り組みとしては異例の動きを展開している(関連)。初日はイベント目白押しで、そのほかにもMy Hero Academia(僕のヒーローアカデミア)の音楽コンサートやLoveLive!コンサートなどにも言及された。

会場から溢れる人々、気温4度の寒空で3時間もの待機列
初日は、実のところ、Twitterが荒れていた。ワクチン2回接種&陰性反応の証明書のチェックに時間がかかり、13時開場の19時終了にもかかわらず、15時になっても入れない購入客たちが会場の外には海のように待機列を形成していた。寒風も吹く中で半裸のコスプレーヤーも含め気温は3,4度、着込んでいても厳しい気候ではあった。TwitterではAnime ConではなくLine Conだ!と荒れ狂う観客が、うっぷんを晴らすかのように次々にポストを繰り返した。(2日目以降はアクセスポイントやスタッフを増やし、3日パス保持者はリストバンドを使いまわしてチェック時間を短縮、会場内に待機列整理の場所も確保し、ずいぶん改善していた)。
 


▲会場に入れずにあふれる群衆(チケットは購入済)

 


3日間のAll Passのみならず、金・土・日の各日チケットも初日に完売で入手できない状態
実は記者の私もアメリカで前職時代にアニメイベント主催をしたことがある。ロサンゼルスで12月に1万人が集まるイベントではあったが、当日まで読めない来場者数や、想定を常に超えてくる観客の熱量と徹夜で並ぶ待機列(会場からは怒られるし、熱心なファンだからどかすこともできない。かといって何もしないと横入りなどトラブルも起こる)など、アニメイベントを主催するという仕事は数日でハゲが出来るかと思ったストレスフルなものだった(詳細は「世界に羽ばたくアニメイベント事業|世界でエンタメ三昧【第59回】」「もしあなたが米国でアニメイベントを立ち上げるなら?|世界でエンタメ三昧【第60回】」を確認して欲しい)。その当時の経験を踏まえると、この5万人に対峙して、土曜、日曜と毎日オペレーションを変えて、柔軟に入場方法や待機方法を変えているアニメNYC運営会社Leftfieldはうまくやっていると感じる。主軸のメンバーがすでにNYCC(コミコン)運営などイベント経験が長い人々だったことが功を奏しているのだろう。 

 

会場内の様子(南側会場)

会場の様子(北側会場)


最も目立っていたのは第二期のアニメ放送が待たれる鬼滅の刃のコスプレーヤーである。市松模様は羽織でもマスクでもどこでも目につき、竈門炭治郎・禰豆子、胡蝶しのぶ・甘露寺蜜璃のコンビネーションは20~30組では効かないほどどこにでもコスプレーヤーがいた。ほかにもNARUTOやチェーンソーマン、セーラームーンなど、来場者の3割近くがコスプレもしくはコスプレに近いグッズを身に着けている。体感値としてはほかのイベントよりもコスプレ率がかなり高い気がする。また引き続き、アニメNYCの情報をお届けする。
 

鬼滅の刃コスプレーヤーが最も人気を博していた

 

■中山淳雄氏略歴
エンタメ社会学者&早稲田MBA経営学講師。リクルートスタッフィング、DeNA、デロイト、バンダイナムコスタジオ、ブシロードを経てRe entertainmentを創業。エンタメ社会学者として研究する傍ら、メディアミックスIPプロジェクトのプロデュース・コンサルティングに従事している。東大社会学修士、McGill大経営学修士。新著『推しエコノミー 「仮想一等地」が変えるエンタメの未来』を10月14日に上梓し、アマゾンベストセラー1位を記録し、早くも増刷も決定した。

 

Re entertainment

会社情報

会社名
Re entertainment
企業データを見る